MENU

サラ金は怖くない!サラ金で借りる正しい知識と見解

みなさんは「サラ金」と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。
「街中の小さな金融業者」
「強引な勧誘と強圧的な取立て」
「人生を壊してしまうサラ金地獄」
多くの方は、悪いイメージ、負のイメージを持たれると思います。
これらのイメージは、テレビドラマや映画の影響で植えつけられたところが大きいのではないでしょうか。

 

「サラ金」とは、そもそも個人を利用者とする小口融資を行う金融業者のことを指します。
個人向け金融業が日本に登場した1970年頃は、利用者の大半が「サラリーマン」であったことから「サラリーマン金融」略して「サラ金」と呼ばれるようになりました。
あわせて街中に営業所や店舗を備えていたことから「街金」とも呼ばれていました。

 

金融に関する法整備や規制が行き届いていない時代では、テレビドラマや映画で登場するような強引な勧誘、高い金利、威圧的な取立てが横行していたころから、「サラ金」の負のイメージが定着してしまいました。
バブル経済崩壊以後、自分の返済能力を超えた借入を行っていた利用者が次々と返済不能に陥ったことから「サラ金地獄」という言葉も登場しました。
現在では、貸金業者に関する法律の整備と規制の強化が進んでおり、安心して利用できる体制が整っていますが、一度根付いたイメージはなかなか消え去らないものです。

 

サラ金という言葉に悪いイメージが先行することから、最近の金融業者では「消費者金融」という言葉を用いて営業を行っています。
利用対象者もサラリーマンに限らず、女性、OL、自営業者といった幅広い方を対象とし、クリーンなイメージを利用者側にアピールしています。

 

消費者金融に関する独特のCMをよくテレビで見かけるのではないでしょうか。
以前は各メディアへの制限が厳しかったため、消費者金融のCMは深夜に限定されていましたが、1995年以降はゴールデンタイムにも解禁されるようになりました。
有名タレントや女優を起用し、ユニークな言い回しですっかりお茶の間にも定着しています。

 

金融業界でも「サラ金」に代わった「消費者金融」という言葉のクリーン化を進める動きが加速しています。
2005年(平成17年)10月4日には社団法人神奈川県貸金業協会が当時の会長・吉野英樹氏の名前で「消費者金融をはじめとする貸金業者を「サラ金」と呼ばない」ことを求める会長声明を出しています。
なお日本の法令用語にはサラ金や消費者金融といった言葉は存在しないことは、あまり知られておらず、あくまで「貸金業者」という言葉が用いられています。

 

「サラ金(消費者金融)」を利用するには、以前は街中の有人店舗を訪問し、カウンターを挟んで担当者と向き合って申し込みを進める方法しかありませんでした。
このような行為に何か罪悪感を覚える方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。
しかし、現在では有人窓口や担当者も明るいイメージで出迎え、気軽に申込を行うことができるようになっています。

 

申込方法も窓口以外に、無人契約機、インターネット、電話など多様化しており、担当者に直接顔をあわすことなく申込を行うことができるようになっています。
受付時間も飛躍的に拡大しており、24時間対応できる業者も増えてきています。
最近ではスマートフォンを利用した申込方法も導入され、外出中でも簡単に申込を行うことができるようになりました。

 

サラ金が登場した頃は、申込を行ってから融資を受けるまで数日を要していました。
その間、「自分は審査に合格できるのだろうか。」「希望した融資額を受け取ることができるのだろか。」という不安を抱えながら過ごさなくてはいけませんでした。
しかし現在では、このような心配はありません。

 

審査時間は最短で30分程度、申込を行ってから1時間もあれば融資金を受けとることができるようになっています。
申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」のサービスは、今や業界では当たり前になっているのです。
融資金を現金で受け取る以外に、指定した銀行などの預金口座に振り込むこともできるようになっています。
忙しくて銀行に行く時間がない方でも、外出中から利用申込を行い、口座残高不足を回避することができるのです。

 

ただし利用する場合には、注意しなければいけないこともいくつかあります。
もっとも注意しなくてはいけないことは、きちんと返済を続けていくことです。
それには利用前に念密に返済計画を立てなければいけません。
今の自分の状況、収入と支出、生活スタイル、今後の人生プランなどを考慮して、返済可能な計画を立てるようにしましょう。

 

借りる場合には、あくまで必要最低限の金額にとどめるようにしなければいけません。
意外なほど簡単に借りることができますので、つい大目に借りてしまうこともあるでしょう。
しかし借りたお金は返済しなくてはいけません。
しかも利息をあわせて返済しなくてはいけないので、気がついたときには自分の返済脳能力を超えてしまうかもしれないのです。
「ご利用は計画的に」といわれているように、利用には細心の注意を払うようにしましょう。

 

借入する先(金融業者)の選別も重要です。
金利、借入金額、返済方式、返済期間などが、自分の借りる目的、スタイルにあった先を選ぶようにしましょう。
一般的にはCMや街頭宣伝で有名な大手先であれば安心して利用することができるでしょう。

 

金利については、なるべく低金利で借りるに越したことはありません。
現在のサラ金金利は、法律により上限金利が20%に制限されています。
しかし、業者や商品により適用される金利にはかなりの差が生じています。
正しい知識を得て、なるべく低金利で借りることができるようにしましょう。

 

現在では高金利で強引に貸付する悪徳業者は、数を減らしています。
ただし完全に無くなったわけではなく、消費者の「どうしても借りたい」という心理につけこみ、高金利で貸し出す「闇金」が存在しています。
サラ金(消費者金融)を利用する場合には、このような「闇金」に引っかからないようにしなければいけません。

 

法律で上限金利が制限されている以上、「闇金」は無許可で営業を行っていることになります。
上限金利20%をはるかに超える貸出金利と、返済が滞った場合の強圧な取立ては、法律と規制の網をかいくぐって行われています。

 

「誰でもお貸しします」「無審査で即融資」といった甘い宣伝を掲げている業者は「闇金」である可能性が高いといえるでしょう。
中には暴力団関係者が出入りしている業者も多いので、このような甘い宣伝に惑わされないように注意しましょう。

 

これらの注意点を考慮しておけば、サラ金(消費者金融)も怖いことはありません。
普段のちょっとしたお金の不足、急な出費などに非常にありがたい存在となるでしょう。

 

また借りたお金でどうしても欲しかったものを手に入れることで、あなたの心も豊かになるかもしれません。
正しい知識を身につけ、計画的に利用していくことでサラ金を上手に活用していくようにしましょう。

更新履歴